【育児マンガ掲載】赤ちゃんの遊び飲みは大変だけど笑っちゃう!エピソードと遊び飲みをする理由

マンガ

新生児など月齢が若い赤ちゃんの授乳は、苦労や悩みが絶えないママも多いですよね。それから月齢が進み、大きくなってきた赤ちゃんですが、授乳時に新な課題に直面するママもいるでしょう。それは赤ちゃんの「遊び飲み」です。

集中して飲んで欲しいと思っているママにとっては、遊び飲みを始める赤ちゃんに対して「やめてほしい」「大変」と感じてしまいます。その一方、遊び飲みで不思議な行動をする赤ちゃんに、可愛らしくて笑ってしまうこともありませんか?

今回は、赤ちゃんの授乳の大変さを「遊び飲み」にフォーカスしてご紹介します。遊び飲みってどんなことをする?また、なぜ遊び飲みをするのか理由も考察します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

4コマ漫画 058 【4か月】遊び飲み

遊び飲み
スポンサーリンク

赤ちゃんが遊び飲みを始める時期

生まれたばかりの赤ちゃんは、おっぱいを飲むことも初心者で上手に吸えないことが多いです。うまく咥えられないし、一度にたくさん飲むこともできません。

生後4か月ごろになると、おっぱいを飲むことも上手になっています。この頃、自分の思い通りにならないと不機嫌になったり泣いたりしてその気持ちを露にすることも。

筆者の娘の場合、生後4か月ごろから遊び飲みを始めました。

スポンサーリンク

赤ちゃんの遊び飲みはどんなことをする?

遊び飲みで不思議な行動をする赤ちゃん。生後4〜6か月の赤ちゃんを観察し、授乳時の「遊び飲み」エピソードを挙げます。可愛らしくて、大変なのに思わず笑ってしまう赤ちゃんの仕草や行動をご紹介。授乳方法は直母、哺乳瓶のどちらも合わせております。

赤ちゃんの遊び飲みの種類① 哺乳瓶を自分で持ちたがる

哺乳瓶でミルクをあげているときに、哺乳瓶に手を添える赤ちゃん。お腹が空いており食いつきが良いとき、勢いよく飲むときによくします。

自分が飲みやすいように哺乳瓶の角度を調整しているのでしょうか。それともそれがミルクが出る哺乳瓶だと分からずに、ただ手に何か「掴みたい」「触っていたい」という行動なのでしょうか。とても微笑ましい仕草ですよね。

赤ちゃんの遊び飲みの種類② 乳首を咥えながら自分の指も吸おうとする

乳首を咥えて母乳やミルクを飲んでいるところ、徐ろに自分の指を近くに持っていき、そのまま口に入れて吸おうとする赤ちゃん。

乳首も指も口に入れた状態でちゃんと飲めているのか?と呆れてしまう、不思議な可愛い行動ですよね。

赤ちゃんの遊び飲みの種類③ 膝の上で暴れる

授乳中に乳首から離れ休憩しながら飲む赤ちゃんもいます。休憩中、ママの顔を見上げたり、笑いかけたり、コミニュケーションをとる可愛らしい赤ちゃんもいますよね。そんな中、膝の上で体を大きくひねったり、さらにはその場で寝返りをしようとする赤ちゃんもいます。

そのように暴れるのをなだめようとすると、機嫌が悪くなり怒ってくることもあり苦労しますね。完全に集中力が切れて、遊びたいモードのようです。

赤ちゃんの遊び飲みの種類④ ママの胸を叩く

おっぱいを飲みながら、空いている手でママの胸あたりを叩いてくる赤ちゃん。バシバシとアタックしてきます。

なにをしたいのか意図がわかりません…。

赤ちゃんの遊び飲みの種類⑤ 唾と一緒にミルクを飛ばす

乳首から離れて休憩したかと思うと、口をすぼめて「ぶぶぶぶぶーっ」と唾を吐く赤ちゃん。同時に口に溜まったままの母乳やミルクも飛ばしてくることも。

音が楽しいのか、ママが嫌がっている表情が面白いのか、ハマってなかなかやめないこともあり苦労します。

スポンサーリンク

赤ちゃんが授乳中遊び飲みをする理由

遊び飲みをする理由① 遊びたい気持ち

生まれた頃と比べて、手や指、足など体が上手に動かせるように発育した赤ちゃん。ママのことも大好きで、おっぱいやミルクも大好きですが、体を思い切り使って遊ぶことも大好きです。授乳の時間でも、遊びたい気持ちが勝ってしまうこともあるようです。

ただ、かなりお腹が空いており泣いて空腹を訴えているときは、授乳に専念して必死に飲んでくれます。しかし、ある程度お腹が満たされてくると余裕が出てきて遊んでしまうことが多いように感じます。

遊び飲みをする理由② ママに甘えたい気持ち

赤ちゃんは月齢が進むと人の顔を認識できるようになります。いつもお世話をしてくれたり慣れ親しんでいる人は誰なのか覚えます。5〜6か月ごろに人見知りが始まる子もいるくらいです。

授乳はママが赤ちゃんと一対一になる貴重な時間です。授乳中はママの顔が下からしっかり見えて安心しておっぱいやミルクを飲んでくれますね。赤ちゃんもママを独占できたと思って、たくさん甘えたいと思っているのでしょう。ママが近くにいて嬉しい、困らせてお世話してもらいたい、もっと一緒にいたい、そのような気持ちなのかもしれません。

スポンサーリンク

まとめ

遊び飲みをする赤ちゃんのエピソードとその理由をご紹介しました。遊び飲みをしても飲むときにはちゃんと飲んで、体重が増えていれば問題ないでしょう。赤ちゃんが元気に大きくなっているのが感じられる遊び飲み、授乳中ママは苦労することもあるかもしれませんが、目の前の赤ちゃんと向き合って乗り越えていきましょうね。

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました