【育児マンガ掲載】新生児と2ヶ月児はこんなに違う!ママが成長を感じた見た目の変化

マンガ

子どもが生まれて2か月が経過。新生児と2か月児は、発達はもちろん、見た目も変わりました。毎日見ているから気が付きにくいですが、新生児の頃の写真を見返したりすると、アップデートされたことがよくわかります。

そこで、ママが感じた新生児と2か月児の見た目の変化3選をご紹介。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

4コマ漫画 031 【2か月】新生児と2か月児の違い

ナチュトク生活
スポンサーリンク

新生児と2ヶ月児の見た目の違い3選

生まれて2か月たつと、赤ちゃんはどのくらい変わっているのでしょうか?新生児と2か月児の違いを、見た目の変化に特化して紹介します。

見た目の違い① 重い

体重が明らかに重くなります。出生時に3kg程だったのが、2か月では倍近く成長。2か月から3か月で、出生時の体重の2倍の重さになる赤ちゃんが多いです。

毎日抱っこして重さに慣れていくため、徐々に重くなっていく赤ちゃんに「重くてもう抱っこできない」となることはないのですが、やはり重い…

見た目の違い② むちむち

体が大きくなり、脂肪もついてむっちむち。新生児の細い腕、脚、小さい顔から、かなりしっかりしてきた感じがします。顔もふっくらしてより赤ちゃんらしくなります。

体にお肉がついて節々の汚れが埋もれがちになります。そこを重点的にお手入れしてあげましょう。

見た目の違い③ 顔がでかい

顔の大きさがサイズアップ。体重も増え、身長も伸びているので、全体的に体が大きくなっているわけですが、一番実感するのが顔の大きさ。

抱っこしたり、授乳をする姿勢は変わらないので、ママと赤ちゃんの顔の距離も変わらないはず。それなのに、赤ちゃんが近くにいるような。「あれ、こんなに近かったっけ?いや、この子の顔が大きくなったのか」。遠近感覚がおかしくなる…。顔の迫力が増します。改めてまじまじと娘の顔の大きさを見て、「顔デカっ!」と思わず言ってしまうのでした。

スポンサーリンク

まとめ

2ヶ月が経って、娘の成長を感じた3のポイントをご紹介しました。みなさんの「ここを見て赤ちゃんの成長を感じるな〜」と思うポイントはどこですか?

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました