【育児マンガ掲載】新生児の向き癖はどうすれば良い?タオルや枕矯正法を試した結果|半年後の様子を紹介

マンガ

仰向けで寝ていることが多い新生児。寝ているとき、向き癖がある赤ちゃんは意外と多いもの。「頭の形がまん丸でないのが心配…」そのように考えるママパパもいるのではないでしょうか。

向き癖の治し方は?いつまでに向き癖は治すのが良いか?枕やタオルを使うのはどうなのか?などの疑問を、小児科の先生に相談しました。そのときの様子やその後の赤ちゃんの経過を紹介します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

4コマ漫画 007 【0か月】向き癖

向き癖
スポンサーリンク

赤ちゃんの向き癖とは

新生児は仰向けで寝ていることが多いと思いますが、右を向いて寝る、もしくは左を向いて寝る、その偏りはありますか?

娘は仰向けに寝かせると娘はいつも右を向いてしまします。直そうと動かしても嫌がって、右に戻ってしまいます。そのせいか、頭の形がまん丸でなく、右側が平たくなって傾斜があるような。いわゆる、絶壁頭なのかも。

このように、仰向けで寝ているとき向く方向が大体いつも同じ。そのせいで頭の形がまん丸でない赤ちゃんは結構います。

新生児期から向き癖により頭の形がまん丸でないことが気になっていたママが、1ヶ月健診でこのことを小児科医や助産師さんに相談したケースを紹介します。「この頭の形は治すべき?」「向き癖の直し方は?」「いつまでに矯正するのが良い?」そのような疑問を尋ねました。

スポンサーリンク

小児科医に相談① 向き癖の直し方

助産師さんには、起きている時はいろんな方向から声をかけて、右ばかりを見ないようにするようアドバイスをもらいました。

また、寝る時にはタオルを細長く丸めて顔とベッドの間に挟み、いつもと反対側を向いて寝るようにすることも教わりました。

顔の部分だけにタオルを敷くのではなく、身体全体に坂を作るような感じでタオルをセットします。

【CASE】タオル矯正法・向く癖矯正枕を試した結果

早速、家に帰って赤ちゃんのねんねタイムにこのタオルでの向き癖矯正を試してみました。

しかし、残念ながらこのタオルでの矯正方法、娘の場合は効ませんでした。

タオルで向きを矯正しようとしても、頑なに右を向いて寝てしまいます。タオルをガッチリ固めて顔とベッドの間に挟んでも、向く癖は変わらずで、思い通りにいかないと泣き出してしまうことも。放っておくとタオルから逃れようとして体を動かす結果、タオルで顔が覆われてしまうこともあり、タオル矯正法で長い間目を離すのは危ないなと感じました。

そこで今度は、赤ちゃんの向き癖矯正用の枕を購入。頭のまん丸の形が鋳型のようになっていて、赤ちゃんをその枕を使って寝かせると真上を向く状態が安定するのです。

向き癖矯正用枕を三日ほど使い続けて思いましたが、こちらも頑なに自分のお気に入りの向きでしか寝ない子には、使うのが難しいようです。頭も正面に硬く固定されるわけではないので、気に入らないと鋳型から抜け出してしまうので使わなくなってしまいました。

せっかく枕やクッションを買っても効かないともったいないので、今あるタオルを使って、まずはチェックをしてみるのも良いと思います。

スポンサーリンク

小児科医に相談② いつまでに向き癖を直すのべきか

小児科の先生曰く、赤ちゃんの追視が始まってきたら、興味のある物を左側に置いたりして反対側も向くようにしていけばいいとのこと。

生後6か月頃までに左右どちらも向くようになっていれば頭の形は心配しなくて大丈夫ですよ、と言われました。今は仰向けで寝てばかりですが、生後6ヶ月ほどに成長すると、赤ちゃんはうつ伏せをしたりおすわりをしたり、寝ている体勢とは違い同じ頭の位置で固定することも無くなってきます。

まだまだ頭の骨は柔らかく、1年半ほど時間をかけて閉じていく頭の骨。向き癖があるからすぐ治さないと、とは思わなくていいと教えてくれました。

どうしても赤ちゃんお頭の形が気になるという場合は、赤ちゃんの頭の形を矯正することに特化した専門病院もあるようです。頭の形を計測して、直していくべきなのか許容範囲なのかも知れるようです。

【CASE】新生児期に向き癖があった子の半年後は

新生児期から右ばかり向いて寝る癖があった娘。頭の形も右が絶壁。触っても頭がまん丸でないのがわかるし、見た目でも歪な形なのがわかります。

そんな娘も生後6ヶ月。小児科の先生に言われた「生後6ヶ月までに左右どちらも向くようになっていれば大丈夫」のリミットがやってきました。

今やうつ伏せも一人座りもできるように成長。仰向けで寝ているのはねんねの少しの間だけ。向く癖もなくなり、左右どちらも見ますし、寝ている時も右ばかり向くということも無くなりました。

頭の形はというと、まだ少し右が絶壁気味。新生児期と比べるとまだ目立たなくなってきました。いますぐ直さなければといいうくらい大変な歪さではないので、頭の隅っこでほんの少し気にしながら見ていこうと思っています。

スポンサーリンク

まとめ

タオル矯正法、専用の枕矯正法もハマる赤ちゃんもいると思いますので、まずはどれが向いているのか試してみるのもいいと思います。それがうまくいかなくても、無理に続けようとしなくても大丈夫です。

まとめると、あまり神経質になりすぎずに様子を見ていこう…ということでしょうか。大事な赤ちゃん、なるべくまん丸の綺麗な頭になって欲しいと思ってしまいますよね。

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました