1歳向け簡単手作りおもちゃ|好きなキャラを磁石にしよう!

おうちあそび

1歳児は身の回りのものに興味関心を広げ、なんでも五感を使って調べようとする時期です。家にある磁石を使ったものやマグネットを発見し、おもちゃとしてくっつけたり離したりして遊んでいるということもありませんか?

また、絵本や動画、ぬいぐるみなどの影響で、好きなキャラクターがいるお子さんもいるのではないでしょうか。

今回は、家の中でいろんな場所に使われている磁石と、子どもの好きなキャラクターをコラボさせた手作りおもちゃを紹介します。材料も家にあるもの又は安く購入できるもので、簡単に手作りできますよ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

手作りキャラクター磁石の材料

材料
  • マグネット
  • キャラクターが印刷された紙
  • ハサミ
  • セロハンテープ or 接着剤
  • (あると便利)ひっかき傷防止シート

マグネットは数個入りで100均で手に入ります。

お子さんの好きなキャラクターが載っている雑誌の切り抜きや、インターネットから素材をダウンロードしたものなどを用意してください。

ひっかき傷防止シートは、壁に貼って猫のひっかき傷を防止するための透明・半透明のシートです。100均で売っています。なくても作成できます。

スポンサーリンク

作り方|キャラクター磁石

キャラクター磁石の作り方
  • STEP 1
    紙からキャラクターを切り抜く

    印刷した紙や雑誌から、マグネットの表部分に貼り付けられり範囲でキャラクターを切り抜きます。

    子どもとの関わり方

    1歳児はまだ上手にハサミを使うことはできないでしょう。手に持って勝手に触られると危ないので、おとなの方がキャラクターを切り取ってあげてくださいね。

  • STEP 2
    マグネットにキャラクターを貼り付ける

    切り抜いたキャラクターをマグネットに貼り付けます。

    接着剤を使う場合、マグネット+紙をくっつけます。

    セロハンテープを使う場合、マグネット+紙+ひっかき傷防止シート(透明シート)とまとめて、接着剤は使わずにセロハンテープで固定します。

    再度セロハンテープを剥がして貼り付けることで、キャラクターを差し替えらます。厚手のシートなので、遊んでいる時に貼った紙が破れたりヨレるのを防ぐのに役立ちます。

    子どもとの関わり方

    おうちの方が作成している間は、使っていないマグネットを与えて遊ばせてあげてご機嫌取り。

  • STEP 3
    完成
スポンサーリンク

遊び方の例|キャラクター磁石

マグネットにこどもの好きなアンパンマンのキャラクターを貼り付けました!

冷蔵庫にキャラクターのマグネットをくっつけています。ちょっとぐずってきたり、イヤイヤし出したりしたとき、「アンパンマンどこにいる?」と声をかけてアンパンマンのマグネットを取ってきてもらいます。子どもの気分を変えたり、遊びの区切りをつけることに役立っています

子ども自身で新しい遊びを生み出すこともあります。

絵本のキャラクターの上に、同じキャラクターのついているマグネットを載せて遊んでいます。できると「ママ!」と呼びかけて見せてくれます。
(バイキンマンの上にはバイキンマンのマグネット、ドキンちゃんの上には食パンマンのマグネット。なるほど関連性は合っている。)

子どもは遊びの天才だ!

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました